あなたを無敵にする魔法「鈍感力」

みなさまお元気ですか?

今日は、今この瞬間から使える「無敵になれる」魔法をお届けします。

 

無敵のスキル「鈍感力」とは?

 

あなたが他人のすることに傷ついたり腹がたったりするのは、あなたが繊細で敏感な人だからです。

逆に「あの人、大雑把で鈍感だなあ…」と思う人って、

本人はあまり落ち込んだりイライラしていなかったりしませんか?

 

それ、彼らのスキルです。

これぞ幸せに生きるための無敵のスキル、「鈍感力」なのです。

 

彼らは、鈍感なのです。

何に鈍感なのか?

 

人の気持ち、周りからどう思われるか、他人に迷惑をかけていないかどうか、などなど

あなたが常々気にして気を張っていることに対して、鈍感なのです。

 

「自分なら常識的に考えて絶対にしないこと」でも、あの人は平気でしている。

それがありえない、非常識、許せない。

こっちはそう思っていても、当の本人はあっけらかんとして楽しそうに生きている。

 

そういう人のこと、たまにうらやましくならないですか?

 

ならその最強のスキル、いいとこどりしちゃいましょう。

 

身の回りのことすべてに鈍感になるのは、あまりおすすめしません。

あなたの今までの友人や同僚たちの中には、あなたから離れていってしまう人もいるかもしれませんから。

なので、いいとこどりだけ。

 

スポンサーリンク

 

「鈍感力」を得るには?

この無敵のスキルを得るコツは、「ネガティブなことにだけ鈍感になること」。

 

私の好きなインスタグラマーに、ニューヨークでカメラマンをしている男性がいます。

とても感じのよさそうな方で、彼の撮る写真はア●プルの広告なんかにも使われているほど才能のある方です。

 

そんな彼が、こないだインスタでライブをされていたんですね。

 

ライブでは、無数にいる彼のフォロワーの中からランダムに相手を選んで会話するんですが、これが見ていて面白いんです。

コメントしてくる人の中から適当に選んで電話をかけるのですが、彼は老若男女ほんっとうに多様な人と会話するんですよね。

彼とフォロワーたちとの会話時間は、だいたい各3分程度でした。

きっちり時間を決めていたのかもしれません。

 

そんな中で、一人の女性、とても明るい話題と前向きな発言で楽しそうに話すある女性と彼は会話をします。

その時の会話時間おそらく5分程度。

二人は終始笑顔で、聞いているこちらも和むようなハッピーな話題で会話は終了しました。

 

その後に、別のもう一人の女性とつながりました。

ですがこの女性、話し始めたのはご主人の愚痴やネガティブな話題

彼は最初こそ笑顔で聞いていましたが「おお、それは大変だね・・・でも負けないで頑張ってね!」と言い残し、2分と経たない間に会話を終了したのです。

最後はにっこりと、とびきりの笑顔で手を振って。

このライブを見ている人は皆、彼がごく自然にその取捨選択をしたことを受け入れたと思います。

それぐらいに、彼の仕草には嫌味もなければ不快感も感じませんでした。

二人ともに対して、とても感じの良い口調でさよならしたのです。

 

つまり何を言いたいかと言いますと、人は、自分が欲しいものを自分で選んでいるのです。

(というか、選んで良いのです。選ぶべきなのです。)

 

・彼はポジティブで明るい話をしたかったので、一人目の女性とは長い時間話した。

・彼にはネガティブで暗い話は不要だったので、二人めの女性とは短い時間しか話さなかった。

 

ポジティブな情報にアンテナを張り、ポジティブなものごとに時間を費やす。

ネガティブな情報にアンテナを張り、ネガティブなものごとに時間を費やす。

 

彼はこれらをものすごく自然に選びわけていたので、注意していなければ見ていた人は気づかなかったかもしれません。

 

きっとそのように育てられたのでしょう。

何がポジティブで何がネガティブか、彼は考える前に本能で取捨選択しているタイプの無敵スキル保持者だと思いました。

 

 

スポンサーリンク

 

時間は有限です。

ネガティブなことに敏感になりすぎて、考えすぎて、落ち込み、疲れ果て、心身を削るのか。

ポジティブなことに敏感になり、明るく生き、幸せを見つけ引き寄せるのか。

どちらがあなたの人生の質を高めてくれるのか、もうお気づきですよね✨

 

ネガティブに鈍感になることは、どんな場所でもいつでも使えて、さらに確実に自分を幸せにしてくれるスキルになります。

今日から毎日、ネガティブに鈍感になり続ける訓練をしてみてください。

鈍感力は、あなたの今後の人生で365日24時間、一生使える万能最強ツールとなるでしょう✨

 

(最後まで読んでくれてありがとう❗️)